大人の能力遺伝子検査/レジュミ/全5遺伝子を解析
5fb16bd2f0b10831ad0a796a

大人の能力遺伝子検査/レジュミ/全5遺伝子を解析

32,780 JPY

About shipping cost

★詳しくはこちら★ https://www.dna-kensakit.com/resume/ [大人の能力遺伝子検査/レジュミ](リクルート向け) 就活や転職活動で あなたの個性を分析したいなら 大人の能力系遺伝子検査 RESUme(レジュミ) ---遺伝子検査〈RESUme〉は自己分析に最適--- ● 自分の個性に合ったフィールド(仕事)が分からない… 就職や転職での「選択」に必要不可欠な自己分析。いざという時に改めて自分を見つめ直し棚卸ししてみても客観視できなくて難しい…。 ・自分の長所や短所が分からない。 ・やりたいことって何だっけ? ・どんな仕事場が合ってるの? ・自己分析したいけど心理テストしかないの? 遺伝子検査〈RESUme〉では、あなたの遺伝子配列による科学的な第三者評価による性格分析を可能にします 今までの自己分析では、難しかった先天的な性格や能力を検査して、ワークフィールドやワークスタイルに最適解を導くことができます。 ▽比較 ・今までの自己分析→心理テスト、友人や家族の意見、過去の思い出 ・RESUmeによる自己分析→世界中の遺伝子文献による先天的なDNA配列 ---1億総自己分析時代に新しい可能性を導き出す--- ●自分という大切な人を客観視 ビジネス書や自己啓発本ランキングでの話題を独占している「自己分析」というワード。これから自己分析したいと思う人が最初にすべき分析が遺伝子検査による先天的な素性。遺伝子検査〈RESUme〉は、親や親友でも気付けないあなたの個性を客観的に示します。だから、冷静で最適な選択を導き出し、その選択に「自信」と「勇気」を与えるのです。 ---就活で陥る「自己分析」の落とし穴--- ●志望動機導き出せないエントリーシート エントリーシートでは志望動機を熱意のある言葉にしなければなりませんが、悪戦苦闘しストレスを感じている人も多いことでしょう。 ▽就職活動にストレスを感じている人は   70% 人生の分岐点ともいえる就職活動でストレスを抱えながらため息をついている人は多く、その代表的な理由は ・会社ごとでESの締切に間に合わない ・格好ではなく内面的な自己PRが難しい ●ストレスフルな就活をスマートに 遺伝子検査〈RESUme〉では、あなたが抱える仕事選びや自己PRに必要な情報をフルカラーの検査結果冊子としてお届けします。 遺伝子上のあなたの性格や能力が詳しく丁寧に描かれているので、どんなESシートにも活用でき、あなたの個性にあった企業を見つけるこどが簡単になります。さらにストレス耐性やお金の価値観まで気づきを与えてくれるので、日々のライフスタイルや所属するコミュニティ選びにも活用することができます。 ---大人の能力遺伝子検査〈RESUme〉で検査できる項目--- SNAP25 認知能力 理系文系 5HTT ストレス耐性 ストレス耐性 COMT ストレス耐性 注意力 DAT1 やる気 愛情要求 MAOA ストレス耐性 報酬依存性 ---RESUmeは魔法の履歴書--- ●明治から変わらない履歴書の様式 誰もが書いたことのある「履歴書」。実は江戸時代から履歴書は存在したと言われていますが、その様式は明治時代から今まで殆ど変化がありません。昭和28年にはJIS規格として設計基準が設けられ、氏名、年齢、生年月日、経歴などを記載することが標準となりました。 同じスペックの人材を大量に採用する昔の社会ではこの履歴書でも人事は成り立っていたのかもしれませんが、現代の個性を魅せる社会ではそのツールとしての機能はゼロに近いといえるでしょう。 ●海外でも通用する魔法の履歴書 アメリカやヨーロッパでは、いかに自分の能力が優れているのか、人格者なのかを書き起こしていくスタイルが日本の履歴書との大きな違いです。グローバリズムな履歴書やESを実現するための魔法のツール。それが遺伝子検査RESUmeなのです。 ▽RESUmeではこんなことを分析できる ・性格的な長所、短所 ・学問的な頭の良さ、タイプ ・ストレス耐性 遺伝子検査結果と今の自分を比較することによって、自己分析密度が飛躍的に高まります。 ---転職にも役立つ遺伝子検査RESUme--- ●ライフシフトする時代に必要なのはポートフォリオマネジメント いざ就職しても様々な理由で転職したり副業を始めたることは当たり前の時代に差し掛かっています。複数の企業や団体に所属して、能力を発揮できるようにポートフォリオマネジメントしたい方に遺伝子検査は最適です。 ▽転職で役立つ遺伝子検査 ・遺伝子による能力や性格分析から向いている職業を紹介 ・ストレス耐性を測ることでコミュニティ選びが楽になる